F1ブーム再来なるか

懐かしいF1ブームを記憶している方も新しいファンの方も、一緒にF1を盛り上げましょう

懐かしのF1ブーム

懐かしのF1ブーム

日本では1990年から数年間、「F1ブーム」がありました。

日本のバラエティ番組などにトップドライバーだったアイルトン・セナが出演していたり、トヨタやホンダといった日本の自動車メーカーが参戦していたりと、レースだけでなくF1を取り巻く環境そのものがもっと近くにあったような気がします。

そのF1ブームもセナの事故死や景気の落ち着きとともに終焉を迎え、日本のテレビでF1の話題を見かけることも少なくなっていきました。

しかし、昨今、小林可夢偉選手の活躍によって日本のF1ブームにも復活のきざしが見え始めています。

これからのF1

これからのF1

2012年10月7日、日本グランプリが行われた鈴鹿サーキットでは小林可夢偉選手が3位に入賞し、本人初となるF1の表彰台に乗りました。

これは、2004年のF1アメリカ・グランプリ(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)で3位を獲得して以来の快挙です。

日本グランプリ単体では、F1ブーム真っ盛りの1990年、鈴木亜久里選手が3位に入賞して以来。この入賞は日本人として初のF1表彰台だったこともあり、大きな盛り上がりを見せました。

今回の小林可夢偉選手の入賞は、この時とイメージがダブっているように思えます。

今季(2012年)の終了後には、91回の優勝・表彰台なら実に154回を記録しているミハエル・シューマッハが完全引退することをすでに意思表明しています。また時代が変わるでしょう。

小林可夢偉選手の活躍や、その他の選手も絡んだ覇権争いなど来季以降のF1には気になる話題が盛りだくさんです。

「そういえば昔、F1とか見てたな〜」
「モータースポーツって意外と面白いかも?」

そんな人がどんどん参加して、F1界隈が盛り上がってくれれば良いですね!
世界中で多くのファンを熱狂させるF1の魅力、ひとりでも多くの方に感じてもらえればと思います。

ぜひみなさん、2012年の残りレース、韓国グランプリ以降からでも観戦してみてくださいね!