F1出場チーム

楽しむために、まずはお気に入りのチームを作りましょう

一流自動車メーカー揃い踏み

一流自動車メーカー揃い踏み

F1出場チームとして、あまり詳しくない方でもパッとイメージできるのはやはりフェラーリ、メルセデス、それから日本の小林可夢偉選手が所属すうザウパーなどでしょうか。

F1に優勝するにはライバーの技術はもちろん、最高峰のマシン性能が必要となります。つまり、ここで優勝するのは自社メーカーのブランド戦略にも大きく影響しますから、大手の一流自動車メーカーが多数出場しているのです。

2012年現在では、全12チームがF1に参戦しています。
中には、飲料メーカーのレッドブルが運営するチームもあり、必ずしも自動車メーカーだけで構成されている訳ではない、というのも面白いところですね。

最大手はやはり"赤い跳ね馬"

最大手はやはり「赤い跳ね馬」

F1初回開催から参戦し続けてきた唯一のチームであり、最多のタイトル獲得を誇るチームと言えばフェラーリ。正式名称「スクーデリア・フェラーリ」と呼ばれるこのチームはもはや、F1の代名詞と言っても良いでしょう。

F1コンストラクター(チームのことをこう呼びます)として最多のタイトルを獲得し、数多くのワールド・チャンピオンを排出してきたこのチームは、あまりF1に馴染みのない方でもトレードマークの赤や馬のエンブレムが思い浮かぶかと思います。

今はF1の顔となったフェラーリですが、「F1」の名のもとにレースが開催される以前は同じく一流の自動車メーカーであるアルファ・ロメオの影となる形でのスタートでした。

F1開始と同時にアルファロメオからいわば独立開業する形で台頭し、それまで並ぶもののなかったアルファ・ロメオを破り撤退させるという経路をたどっています。ドラマチックですよね。

アルファロメオ撤退後は連勝、連勝で一時代を築いたスクーデリア・フェラーリですが、その後はメルセデスやマクラーレン、ルノーに先行される時代も経て、今もなおF1の「名門チーム」として君臨し続けています。

ちなみに、スポンサーの「マルボロ」は、フェラーリのマシンのカラーリングが製品の潜在的な広告になっているとの批判を受けたり、近年の嫌煙化傾向を受けて現在ではチーム名から外れています。

日本のチーム

日本のチーム

2012年現在、日本の会社が運営しているF1チームはありません。

しかし、過去にはトヨタやホンダ、元ドライバーのF1ドライバーだった鈴木亜久里が発足させたスーパーアグリなど、日本国籍の技術者、製造者がメインとなったチームが参加していた時代もあります。

世界中の先端技術が集まるワールドワイドなレースはもちろん刺激的で面白いですが、やはり日本のチーム、選手が出ているとなると愛着がわきますよね。

小林可夢偉選手にはもちろん活躍してほしいですし、また日本からのチームもレースに参加して盛り上げてくれればな、と思います。